引越し業者ってどうやって選べばいいの? そんな疑問を解消します。

引越しの時に手続きをすること

引越しをすることを決定したときには、早めに行動をした方が良いことがあります。
住んでいる部屋が賃貸住宅の場合は、不動産屋に引越しをする予定を伝えます。
基本的には一ヶ月以上前にアクションを起こす必要があるので、余裕を持って連絡をすることです。

そして、解約手続きの書類を送ってもらうか、不動産屋に行って必要な書類を記載します。
この作業が終わるのが、1月前になるように行動するのです。

 

もう一つ上すれがちなのが火災保険です。
現在はほとんどの賃貸住宅には火災保険が義務づけられているので、必ず加入していると思います。
これが満期になる前に引越しをするのなら、数千円でも戻ってくる可能性があるのです。

 

なので、家財保険の解約手続きをするのですが、引越しの当日まで保険を利かせるためには、
急いで解約することは間違いになります。その当たりの段取りを考えて行動することです。

 

もう一つは転出届ですが、これは引越しよりも前の段階で手続きしても大丈夫なので、
忙しい引越し作業が始まる前に済ませておくことだと思います。
その後は、水道や電気やガスなのですが、これらは引越しの数日前でも手続きが可能だったりします。

 

とりあえずは1月前に話してみることだと思います。