引越し業者ってどうやって選べばいいの? そんな疑問を解消します。

引っ越した後で困ったこと

私が横浜に引っ越しをしたときの話です。ネットで賃貸アパートを検索してから、不動産屋と一緒に目当てのアパートの下見に行きました。

家賃がけっこう安いし、通勤に便利な物件だったので、そこに決めようと思っていたのですが、実際に部屋に入って見ると、改装途中で畳が入れてありませんでした。それに天井に取り付けてある、照明用のシーリングコンセントが外れてケーブルでぶら下がっている状態です。
同行している不動産屋に言うと、私が引っ越しをするまでには修繕しておくという約束をしてくれました。
しかし、いざ引っ越して来てみると、まったく直っていません。コンセントが天井にぶら下がっている状態です。畳は入っていましたが、台所の瞬間湯沸かし器を使おうとするとお湯が出てきません。
大家さんが近くに住んでいたので、挨拶がてらクレームを言うと、電気工事の会社が忙しくて、なかなか来てくれないという言い訳です。
仕方なく、天井のコンセントは私が直すことにしました。天井板のネジ穴が緩くなっていたので、少し大きめの木ネジでコンセントを止めました。それから湯沸かし器の方は、ガス会社の人に頼んで、新しい物と交換してもらいました。その代金は当然の大家さんが払うべきものなので、ガス会社の人から大家さんに言ってもらい、大家さんの負担です。
アパートなどの賃貸不動産は、管理が適当な物件がありますので注意しなければなりません。改装などが済んで最終的に引っ越しができる状態になっている部屋を探すべきでしょう。
引越し料金の節約には→タンス 配送 安い